HOME › その他 > 企業と市民が心かよわせ踊る!会津まつり「会津磐梯山踊り」

企業と市民が心かよわせ踊る!会津まつり「会津磐梯山踊り」

平成30年は会津若松市にとって、戊辰戦争終結より150周年を迎える節目の年です。(詳細はこちら
今年も会津を代表する一大イベント「会津まつり」が盛大に開催されました。

今回は、その中のもう一つのイベント「会津磐梯山おどり」をご紹介します。

会津まつりは、昭和3年の秩父宮親王殿下と松平節子姫のご成婚に沸いた会津で行われた様々な祝賀行事が始まりで、昭和8年(1953)に会津観光の振興を追い風に会津の統一祭として第1回会津まつりが開催されました。
開催日は、基本的に戊辰戦争で降伏した9月22日からの3日間としています。

民謡「会津磐梯山」は、会津地方の盆踊り歌で明治につくられ、昭和初期から全国に広まった民謡です。
この民謡に合わせて数多くの市民が市内中心部の神明通りで、特設された櫓を囲み踊るおまつりが会津磐梯山踊りで2日間開催されます。(会津まつり協会発行「会津まつりの栞」より)

今回も2日間合わせて50社近くの企業が参加され、市民の方々と一緒に盆踊りを楽しみました。

仮装した市民の方、外国人の方も輪に参加して踊ります。

踊りの最後には、素晴らしい踊りを披露した団体への表彰が行われます。

このように、企業と市民がイベントを通じて心ひとつになる都市は類を見ないのではないでしょうか。
これからも、市民に愛されるおまつりとして、踊り継がれていくことでしょう。

企業の皆様、企業と市民が一体になった街、会津若松市への立地をぜひご検討ください。

会津若松市企業立地ガイド
お問い合わせはこちら
会津若松市役所 観光商工部企業立地課
〒965-8601 福島県会津若松市東栄町3番46号 Tel.0242-39-1255
Copyright Aizuwakamatsu city All rights reserved.